転職で履歴書を書く時の注意点は、以下の通りです。 ・正式名称で書く ・修正液を使用しない ・丁寧に書く ・空欄や空白を作らない ・誤字脱字に気をつける ・写真の裏に名前を書く 学歴や職歴を書く際に、学校名や企業名を略して書く人もいますが、これは絶対にやってはいけません。 しっかりと正式名称で書くようにしましょう。 そして、字を間違えてしまった場合、修正液を使用してはいけません。 面倒かもしれませんが、最初から書き直すようにしてください。 字が汚くても、丁寧に書く努力をすると好印象を与えることができます。 空欄や空白を作ってしまうと印象が悪いので、全て埋めるようにしましょう。 誤字脱字はもっての外ですから、書き終わった後は何度も間違いがないかチェックする必要があります。 それに、万が一、剥がれてしまった場合のことも考えて、写真の裏に名前を書いておいてください。 こういったことに注意しながら履歴書を書くと、見る人からの印象が良くなります。 また、履歴書は自分そのものなので、嘘偽りなく書きましょう。